blog index

寄り道日記

人生寄り道ばかり。。それも楽しかったりします。音楽、旅行をメインに思いつくままに書いてみようと思います。
東京グランド ソロイスツ

JUGEMテーマ:音楽

 

7月の最終週にかけて、事業所は3連休が2回設定されている。というわけで、金曜日休みの今日は、第一生命ホールで開かれた三浦一馬さんというバンドネオン奏者率いる東京グランド ソロイスツのコンサートに出かけた。プログラム全部がピアソラというとっても豪華なものだ。ピアソラといえば、ヴァイオリンは石田泰尚さん、重厚な合奏となったピアソラは圧巻というしかない。

 

ブエノスアイレスの夏、冬、フーガと神秘などとにかくすごかった。バンドネオンも生で聴いたのは初めてだったのだが、素敵な音色だといことがわかり、また聴きたくなった。

 

帰りは、せっかくなので、勝どき橋を渡って、銀座方面へ。少し湿度はあったものの、風はあるので、余韻に浸りながら歩くには良い感じでした。

東京タワーにお月様がかかり、都会の夜景を切り取ってみました。ほかにも何人か足とめ、撮っている方がいたので、おのぼりさん状態も、まあいいか。

| kira-wind | コンサート | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石田さん
今日は関東に移動、杉田劇場での石田泰尚さんのバイオリンリサイタルを聴きました。なかなか彼のコンサートは奥様方の絶大なファンがいて取りにくいものでして。今日も満席のようでした。

前半はブラームス、後半はバッハの無伴奏で始まり、ピアソラという美味しいプログラム。

繊細な音色が様々に変化してとても素敵なコンサートでした。

アンコールは6曲近く、川の流れのようになどもあってまたまた違った一面が見られたのでした。
| kira-wind | コンサート | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
圧巻の

JUGEMテーマ:音楽

 

昼過ぎからは、楽しみにしていた諏訪内さんのコンサート。彼女のヴァイオリンは同世代ということもあってつい聞きに行ってしまう。ピアニストさんものりのりで、ものすごいコンサートでした。彼女の世界観が大好きなんですが、それが一段とでていたような感じでした。さて、これを聞いたあとは自分のフルートレッスン。機嫌よくいけそうです。

 

170702_193834.jpg

| kira-wind | コンサート | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの都響

JUGEMテーマ:音楽

 

関西にきてしまうと、大好きな東京都響のコンサートにいけることはそうない。だけれども、今回は、大阪特別公演をしてくれるという、しかもフルートのレッスンにまにあうように、日曜14時開演!ありがたい。大阪フェスティバルホールは、しっかり満席でした。さすがだ。。演目は、ベートーヴェンのエグモント序曲、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲、そして後半はベートーヴェンの英雄。もう、聴きごたえ十分なプログラム。オケメンバーをみるとコンサートマスターの矢部達哉さんをはじめ、首席はオールキャスト、うれしい限りだ。

 

で、第一音からあああ、これだよなあと聞き入る。ここの弦楽器の音が大好きなんですよね。っていうか、しばらくフルートばかりだったから重低音にはすごくほっとした。ラフマニノフはイノン・バルナタンさんの軽快な音運びがとてもいい感じでした。そして、英雄・・。これぞ、オケというサウンドをたっぷり聴かせていただきました。

 

また来てほしいなあ。。ちなみにフルートのレッスンで聴いてきました、ここの弦が大好きなので。。といったら、先生が関東のオケの弦は関西とはまた違う音なんですよね。。というではないか。え?そうなんだ。だから私時々こうやって聞きたくなるのかなあ。何がどう違うといわれると困るんだけど、まあ聞き比べられる耳があるというのがわかってちょっぴりうれしくなりました。

| kira-wind | コンサート | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京都で

JUGEMテーマ:音楽

 今日は歌の練習はないので、そのまま京都へ戻ります。先日合唱講習会を受けたBob Chilcottさんも指揮をされるという京都レディースシンガーズのコンサートに行ってきました。開演まで時間があったので、会場の目の前にある京都御所をぐるりと一周。なんとこの土日は一般公開していたようで、多くの方が参観されていました。花木は馬酔木と椿、桜はまだのようでした。

 

さて、満員のコンサートのほうへ。団員のソロがとてもきれいな声で始まったMaking Waves。彼女の声に聴きほれました。2ステージ目もチルコットさんの指揮。そして3ステージ目はとっても素敵な日本の歌による5つの合唱曲。指揮は浅井さんんという日本を代表する合唱指揮の方。贅沢ですね。三好晃さんの曲もあり、合唱を思う存分聞けました。4ステージ目は残念だながらフルートレッスンに間に合わなそうだったので、この休憩15分のところで退出。残念ですが、仕方ありません。

 

彼女らは1stコンサート。レベルは高かったですが。まだまだどういう音楽性になるのか模索中の印象を受けました。長くやっていくとその点は解消されるのかもしれませんね。またまた京都での観光しない一日になりました。

| kira-wind | コンサート | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
八重奏団
続いて今日もコベルコホールで行われたベルリンフィル八重奏団の演奏会を聴きに。

満員だそうで樫本大進さん率いる演奏はやっぱり聴いてみたいものだ。ニールセン、ドボルザーク、シューベルトと、どれをとっても秀逸。

アンサンブルっていいなあと思う極上を味わいました。
| kira-wind | コンサート | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
都会の夜に
仕事も佳境だった、メーカーさん作業が一段落しつつある。今日は1つの装置の作業UP。早めに終わってくれたので、ありがたや。

いそいそと定時少し前に飛び出し、大阪へ。向かうはフルートリサイタル。アドリアンさんとピアノは西脇さん、しかも日本初演とか世界初演とかの曲も。これは行かなきゃダメでしょ。

てなわけで開園10分前に会場へ。一階は混雑のようなので2階席のステージ寄りへ。ここなら二人の手元もよく見える。

よく響く素敵な音楽を聞き入った。まだまだ発掘されていない曲って一杯あるのかもしれないなあ。

アンコールはステージ後ろのカーテンがあがり、ガラスの向こうには都会の光景が…。なかなか良い雰囲気のフェニックスホールなのでした。
| kira-wind | コンサート | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラスアンサンブル
午前中、フルート練習したあとは、一路広島へ。新幹線に乗れば1時間でいけるが、行きたいコンサートが大阪や神戸でやってくれないとこういうことになる…。昨年別のコンサートで来たから様子は何となくわかる。

駅降りてむかった先は、エリザベト音楽大学。メインの通りから小路にそれると歴史的な教会の建物脇に現れる。壁には楽譜が描かれ、道路にも…

この音大のホールでブラスアンサンブルを聴きにきたわけだ。サイトウキネンで演奏した彼らが松本以外でも、演奏してくれる貴重な機会だ。御客は学生もふくめて満席。

前半はクラシックでヘンデル、モーツアルトなど…。トロンボーンやトランペットなど、金管は華があるなあ、打楽器奏者も一人何台もこなし、さすがだ…と見とれる。

後半は変わってジャズや映画ナンバーなど、どちらもかっこいい!という感じ。アンコールの威風堂々なんていやはや…。

とても楽しいコンサートでした。終わって周辺うろうろ散策していたら、メンバーがお帰りに…、タクシー待つ隙に学生さんたちからのサインやカメラに快く応じていた。私もパチリ。また聴きたい演奏会でした。
| kira-wind | コンサート | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ